サービス

  • HOME »
  • サービス

業務実績

自家発電設備

ヤンマー100KVA 機関分解整備
ヤンマー250KVA 自家発機関分解整備
ヤンマー300KVA 自家発機関分解整備
ヤンマー排煙機機関分解整備
いすゞ ポンプ機関分解整備
日産45KVA 自家発機関分解整備
日産100KVA 機関分解整備
三菱40KVA 機関分解整備
三菱100KVA 自家発機関分解整備
三菱150KVA 自家発機関分解整備
三菱250KVA 自家発機関分解整備
750KVA ガスタービン機関保守点検
1000KVA ガスタービン機関保守点検
1500KVA ガスタービン機関保守点検
始動制御盤改造工事

非常用直流電源設備

給排気ダンパー交換工事
直流電源装置改修工事
自家発起動用直流電源装置改修
自家発始動用充電器改修工事
直流電源装置保守点検
無停電電源装置保守点検及び据付工事

非常用発電設備の重要性

非常時に、生命や身体の安全を守るために
非常用発電機の日常点検・メンテナンスが重要になります。

日常生活をする上で、電気は必要不可欠な存在になっております。
万が一停電した場合、通常の家庭であれば、そのまま復旧を待てば良いのですが、大人数を収容している大型のビルでは、片時も電力の供給を止めることはできません

非常用発電設備は、地震・火災などで、電力会社からの電源供給が、途絶えた場合においても、救命に必要なエレベーターや消火栓等を、非常用発電機を利用して、作動させることができます。

停電や地震・火災などの非常時でも、継続的な作動が求められるもの。

  • 学校商業施設高層ビル:エレベーターや出口誘導灯など緊急避難時に必要な設備
  • 病院介護施設:透析機器や人工呼吸器などの医療機器
  • 食品製造工場:原材料を保管するための冷蔵・冷凍設備
  • データセンター:サーバーや通信設備

非常用発電機の定期点検は、「消防法」により義務付けられています。

停電や地震・火災などの非常時でも、継続的に電力の供給ができるよう、延べ床面積1000㎡以上の建物では、非常用発電機の設置と日常の管理が義務付けられております。また消防法では、自家発電設備に対し点検項目を定め、その結果を報告することを義務づけています。

消防法6ヶ月に1度の機器点検と、1年に1度の総合点検が定められています。
電気事業法12ヶ月に1度、保安検査を行うことが定められています。

一光の保守点検サービス

大手にはない小回りの利いた
フットワークの良さで、お客さまのニーズに応えたい。

「自社製の設備しか扱いません」、「休日はやっていません」という会社が多いこの業界ですが、いざ緊急時に非常用の設備が動かなくなったら、一刻を争う事態になってしまいます。当社では、独自の運営方式と確実な技術力を持って、“24時間オンコール”での対応を実現いたしました。

  • 通常のディーゼル・エンジンの他、ガソリン・エンジンもメーカー問わず、保守・点検・分解整備・販売・据え付け工事実施。
  • 自家発電設備:エンジン・オイル交換からエンジン・オーバーホールまでの一貫した整備の実施。
  • 分離型空冷式負荷装置による、負荷試験
  • 非常用直流電源設備:各部品の機能点検整備から充電器特性試験。
  • 蓄電池:セル電圧測定、電解液温度・比重測定、充電器特性試験、蓄電池交換・処理・販売 (マニフェスト含む)
  • キュービクル:ラッキング補修工事外観板金塗装(腐食部錆落とし、錆止め塗装、部分塗装、全塗装)

ビルの管理者様、電気設備のご担当者様だけではなく、自家用発電機のことでお悩みを抱えている方でしたら、どなたでもお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
©Copyright 2020 一光サービス All Rights Reserved.