点検

消防点検

消防法に基づく自家発電設備の点検について

点検種別機器点検総合点検
方法設備の正常な作動を確認する。
機器の適正な配置、損傷の有無等を主に外観から確認する。
設備の機能について、外観から又は簡単な操作により確認する。
設備の全部若しくは一部を作動させ、又は使用することにより、総合的な機能を確認する。
頻度6ヶ月に1回1年に1回
基準自家発電設備の点検基準(消防庁告示)
自家発電設備の点検要領(消防庁通知)
自家発電設備の点検基準(消防庁告示)
自家発電設備の点検要領(消防庁通知)
報告 特定防火対象物の場合 1年に1回報告
非特定防火対象物の場合 3年に1回報告
特定防火対象物の場合 1年に1回報告
非特定防火対象物の場合 3年に1回報告
罰則点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、消防法第44条の規定により、30万円以下の罰金又は拘留。
罰金等を受けた者が所属する法人についても、同法45条の規定により同額の罰金刑。
点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、消防法第44条の規定により、30万円以下の罰金又は拘留。
罰金等を受けた者が所属する法人についても、同法45条の規定により同額の罰金刑。
実施者消防設備点検資格者
自家用発電設備専門技術者
消防設備点検資格者
自家用発電設備専門技術者
PAGETOP
©Copyright 2020 一光サービス All Rights Reserved.